二松学舎大学九段キャンパス近隣へ安い単身引越し

東京二松学舎大学九段キャンパスへ引越しする際の引越し料金を単身引越し.com、大手引越しセンター、宅配単身パック、レンタカー引越し、ワゴンタクシーで比較、さらにお引越し先の新居から最も近い便利施設(駅、大学、病院、コンビニ、レンタルDVD)の地図リンクと距離を近い順に一発表示、 千代田区での住みやすい便利な新居選びと安い引越しの業者探しにご利用ください。

引越し内容

箱のみ

・大学近郊の下宿・学生会館・ドミトリー入居の段ボールのみ30個以下程度の引越し

一人暮らし

・大学近郊のワンルームに冷蔵庫・洗濯機・テレビ・レンジ・パソコン・シングルベット・布団・ローテーブル・衣装ケース5個・段ボール10個程度の引越し

二人暮らし

・大学近郊の2DKに大型冷蔵庫・洗濯機・テレビ・レンジ・パソコン・ダブルベット・布団2個・食器棚・ダイニングテーブル・イス2個・ローテーブル・衣装ケース10個・段ボール30個程度の引越し

現住所

引越し先

新居近くの便利施設

近くの大学

 

近くの駅

 

近くの病院

 

近くのコンビニ

 

近くのレンタルDVD

 

概算引越し料金
  引越しTPO

ホロが180cmと高い軽トラックで作業員1名で引越し。8畳位のワンルームで単身者なら1台で積載可能。
2人暮らしは2台で積載し、作業員は2名。
建物養生は別料金、お客様手伝いは必要。

  レンタカー

6畳位のワンルームでベットや自転車など大型のものがない単身引越しなら上段のワンボックスレンタカー1台で積載可能。
2人暮らしは下段の2トン車のレンタカー でないと積載できません。
建物養生、作業も自分でが基本です。

  宅配単身パック

カゴ台車に入った分で作業員2名で引越。段ボール20個、小型冷蔵庫、洗濯機・小型テレビ位は入ります。
荷物が多い人はカゴ台車2個か大型家財だけ別便で配送する事になります。
建物養生なし、お客様手伝いは無用。

  大手2トン車

家族引越しもできる2トン車で作業員2名で引越し。
2DK位で2人暮らしなら1台で積載可能。
建物養生あり、お客様手伝いは無用。

  ワゴンタクシー

ワンボックスタイプのタクシーで普通のタクシーの距離料金と自宅に呼ぶ予約代だけで自前にタクシー会社に予約可能。120サイズ箱20個程度の箱だけのミニ引越の時だけ利用できます。
荷物梱包、作業も自分でが基本です。

※レンタカーは燃料費+高速代、50km以上は乗捨て料金を加算しています。
※レンタカーはハイルーフワンボックス、2トンアルミボディ箱車の料金。
※単身引越し.comは東京都以外はこの自動料金とは若干差異があります。
※大手2トンは、お客様アンケートデータに基づいていますので実際の料金と異なることがあります。
※ワゴンタクシーはワンボックスのタクシーで120サイズ箱20個程度のミニ引越の時だけ利用できます。
自宅に呼ぶ予約代が加算されています。遠距離の場合は高速代が別途必要です。


電話問い合せ


まとめ

■二松学舎大学九段キャンパスで住むのに便利な町■

神田、御茶ノ水がおすすめ。

■単身引越し.com■

ワンルーム、家電家具一式有りは二松学舎大学九段キャンパスへの引越しは東京都内からならいつでも12600円と安いなのでおすすめ。

■レンタカー■

自分で運転でき近距離で荷物が少なく建物養生や壊れ物がなければレンタカーが一番安い。
但し、台車や毛布など資材を用意する必要があります。

■宅配単身パック■

遠距離で荷物が少なくカゴ台車1台ならば宅配単身パックが一番安い。
但し、自転車や液晶テレビは別料金になったり運べないこともあるので注意。

■大手引越しセンター■

予算がある方で、建物養生や事前梱包、届け先での開梱希望で、手伝いたくない人はおすすめ。
但し、料金は単身引越し.comの3倍以上にはなることもある。

■ワゴンタクシー■

免許がない方で千代田区内引越しで箱だけ20個程度の段ボール引越しの際はおすすめ。
但し、台車等の用意は自分で必要なのと運転手は荷物を運んでくれないので注意。

千代田区特徴
東京23区の中央に位置し、ほとんどが皇居とオフィス街という町です。
基本的に 単身者の住む町ではありませんので一部の高所得者向けの住宅街も
ありますが、単身の若者にとっては家賃も物価も高く、買い物するスーパーや
量販店もすくないので、庶民には生活には不向きな町です。
 大学特徴

【二松学舎大学】

 

大学設置        1949年

創  立        1877年

学校種別        私立

設 置 者        学校法人二松學舍

本部所在地      東京都千代田区三番町6-16

・キャンパス    九段(東京都千代田区)/柏(千葉県柏市)

・学  部      文学部/国際政治経済学部

・研 究 科      文学研究科/国際政治経済学研究科

 

※大学案内:大学概要 http://www.nishogakusha-u.ac.jp/f.htm

 

※概観:大学全体

二松學舍は、1877年に三島中洲が東京麹町一番町(現東京都千代田区三番町)に開いた漢学塾にはじまる。

二松の名は不変の節操、堅貞を象徴する松の木が庭に二本あったこと、また韓愈『藍田県丞庁壁記』によれば学び舎としての意味を持ち、学舍として後の世まで続くことを願い名付けられた[要出典]。

官公私立東京諸学校一覧にも掲載され1881年には二松學舍の塾生は三百名を数えた[要出典]。これは福澤諭吉の慶應義塾や中村敬宇の同人社などと肩を並べるほどの数であった[要出典]。

また本沢竹雲の格知学舎など漢学を専修する学校は当時多くみられたが次第に衰退し、現存するものは二松學舍のみとなった[要出典]。

『国漢の二松』『雀も松の枝に来て論語を囀る』などと謳われ伝統的に文学部が有名。国語教員の養成に注力している。

旧字体の「舍」と新字体の「舎」を混同して、「二松学舎」などと表記されることが多いが、正しくは下に棒が出る旧字の「舍」を用いた「二松學舍」である。

 

※建学の精神(舎訓)

二松學舍にある『育英』の精神は、西洋文化の摂取を汲々としている時節を憂えた三島が、東洋文化を学ぶことこそわが国本来の姿を知りえるとして『己ヲ修メ人ヲ治メ一世ニ有用ナル人物ヲ養成スル』ことで東洋学の確立と新時代を担う国家有為の人材の育成を目指したことにある。

 

※教育および研究

2学部、2研究科を設置。教員免許の他、司書や学芸員の資格が取得できる。