東京都内の大学近隣の学生アパートと単身の引越し料金を調べよう


東京で大学に入学して引越しする際になるべく大学キャンパスに近いところと引越しエリアは決まっていてもどこにするか、なやみますよね
やはり、駅にも大学にも近くて便利なところで安い良い物件はないか?
まず物件探しでネットや雑誌で調べて、良さそうな物を見つけて不動産屋で内見
してよさそうなら今度は引越し業者さがし、大抵この流れですが、

ここでちょい待った。
大学入学の学生さんの物件選びで重要なポイントは、とにかく大学に近く、かつ駅にも近い場所でしょう。

そこで、現住所の市町村名と新居の市町村名さえ分かれば、大学近郊に学生専用アパート(学生会館、学生アパート、学生マンション、下宿)、一般マンションがあるか、大学からの距離、物件名、物件管理不動産HPと地図リンクと業者別の引越し料金を一発表示してみました。
大学に近くて便利な物件が簡単に調べられます。

学生が居住する施設の種類

トイレ・風呂・食堂などが共用の寮タイプの施設で、特定の大学ではなく学生であれば入居できる共同生活施設。ドミトリーとも呼ばれ、管理人が常駐し、門限等もあるので親族には安心して子息を預けれらる。


一般の不動産会社が経営する施設で、木造、軽量鉄骨のプレバブ構造の建物で、完全独立部屋なので普通のアパートと同様だが、入居を学生専用にしてあるので生活環境の違う一般人は入れないので騒音等のトラブルに派なりにくい。


一般の不動産会社が経営する施設で、鉄筋コンクリート構造の建物で、完全独立部屋なので普通のマンションと同様だが、入居を学生専用にしてあるので生活環境の違う一般人は入れなく、上記のアハートよりは高くなるが耐震耐火性は良くなる。


大学近郊一般家庭が経営する施設で、主に自宅の一室を間貸しするもので、プライバシーはかなり制限されるが安くて、年長者が常駐して住んでいるので女性の親族は安心して子息を預けれらる。


一般の不動産会社が経営する施設で、鉄筋コンクリート構造の建物で、完全独立部屋の普通のマンション。



上記のような施設が大学近くにあるか、予算に応じて、学生会館、学生アパート、学生マンション、下宿、一般マンションのどれに住んだほうがよいか事前に調べて、楽しい学生生活が出来るよう一度下記リンクからお試しください。

大学近郊家賃を調べる

■23区

足立区  荒川区  板橋区  江戸川区 大田区  葛飾区  北区  江東区 品川区  渋谷区  新宿区
杉並区 
墨田区  世田谷区  台東区  中央区 千代田区  豊島区  中野区  練馬区 文京区  港区  目黒区