慶應義塾大学三田キャンパス近隣近隣へ安い単身引越し

東京慶應義塾大学三田キャンパス近隣へ引越しする際の引越し料金を単身引越し.com、大手引越しセンター、宅配単身パック、レンタカー引越し、ワゴンタクシーで比較、さらにお引越し先の新居から最も近い便利施設(駅、大学、病院、コンビニ、レンタルDVD)の地図リンクと距離を近い順に一発表示、 港区での住みやすい便利な新居選びと安い引越しの業者探しにご利用ください。

引越し内容

箱のみ

・大学近郊の下宿・学生会館・ドミトリー入居の段ボールのみ30個以下程度の引越し

一人暮らし

・大学近郊のワンルームに冷蔵庫・洗濯機・テレビ・レンジ・パソコン・シングルベット・布団・ローテーブル・衣装ケース5個・段ボール10個程度の引越し

二人暮らし

・大学近郊の2DKに大型冷蔵庫・洗濯機・テレビ・レンジ・パソコン・ダブルベット・布団2個・食器棚・ダイニングテーブル・イス2個・ローテーブル・衣装ケース10個・段ボール30個程度の引越し

現住所

引越し先

新居近くの便利施設

近くの大学

 

近くの駅

 

近くの病院

 

近くのコンビニ

 

近くのレンタルDVD

 

概算引越し料金
  引越しTPO

ホロが180cmと高い軽トラックで作業員1名で引越し。8畳位のワンルームで単身者なら1台で積載可能。
2人暮らしは2台で積載し、作業員は2名。
建物養生は別料金、お客様手伝いは必要。

  レンタカー

6畳位のワンルームでベットや自転車など大型のものがない単身引越しなら上段のワンボックスレンタカー1台で積載可能。
2人暮らしは下段の2トン車のレンタカー でないと積載できません。
建物養生、作業も自分でが基本です。

  宅配単身パック

カゴ台車に入った分で作業員2名で引越。段ボール20個、小型冷蔵庫、洗濯機・小型テレビ位は入ります。
荷物が多い人はカゴ台車2個か大型家財だけ別便で配送する事になります。
建物養生なし、お客様手伝いは無用。

  大手2トン車

家族引越しもできる2トン車で作業員2名で引越し。
2DK位で2人暮らしなら1台で積載可能。
建物養生あり、お客様手伝いは無用。

  ワゴンタクシー

ワンボックスタイプのタクシーで普通のタクシーの距離料金と自宅に呼ぶ予約代だけで自前にタクシー会社に予約可能。120サイズ箱20個程度の箱だけのミニ引越の時だけ利用できます。
荷物梱包、作業も自分でが基本です。

※レンタカーは燃料費+高速代、50km以上は乗捨て料金を加算しています。
※レンタカーはハイルーフワンボックス、2トンアルミボディ箱車の料金。
※単身引越し.comは東京都以外はこの自動料金とは若干差異があります。
※大手2トンは、お客様アンケートデータに基づいていますので実際の料金と異なることがあります。
※ワゴンタクシーはワンボックスのタクシーで120サイズ箱20個程度のミニ引越の時だけ利用できます。
自宅に呼ぶ予約代が加算されています。遠距離の場合は高速代が別途必要です。


電話問い合せ


まとめ

■慶應義塾大学三田キャンパス近隣で住むのに便利な町■

港南、麻布がおすすめ。

■単身引越し.com■

ワンルーム、家電家具一式有りは慶應義塾大学三田キャンパス近隣への引越しは東京都内からならいつでも12600円と安いなのでおすすめ。

■レンタカー■

自分で運転でき近距離で荷物が少なく建物養生や壊れ物がなければレンタカーが一番安い。
但し、台車や毛布など資材を用意する必要があります。

■宅配単身パック■

遠距離で荷物が少なくカゴ台車1台ならば宅配単身パックが一番安い。
但し、自転車や液晶テレビは別料金になったり運べないこともあるので注意。

■大手引越しセンター■

予算がある方で、建物養生や事前梱包、届け先での開梱希望で、手伝いたくない人はおすすめ。
但し、料金は単身引越し.comの3倍以上にはなることもある。

■ワゴンタクシー■

免許がない方で港区内引越しで箱だけ20個程度の段ボール引越しの際はおすすめ。
但し、台車等の用意は自分で必要なのと運転手は荷物を運んでくれないので注意。

港区特徴
東京23区の中央部に位置し、東京湾に面しています。
東京の都心でハイソな住宅街と商業地が特徴です。誰でもあこがれるセレブ地区ですが、
粗暴犯件数が2位、知能犯発生件数は5位と高く、薬物犯罪件数3位なので、六本木地区などの
外国人とヤクザの多い地区での飲食は注意が必要です。また、夜間の泥棒件数も2位なので
家賃はとても庶民には高くなかなか住めませんが、住人になった時は空き巣被害にも気をつけましょう。
 大学特徴
【慶應義塾大学】http://www.keio.ac.jp
※キャンパス一覧 http://www.keio.ac.jp/ja/about_keio/campus/index.html
三田キャンパス・日吉キャンパス・矢上キャンパス・信濃町キャンパス・湘南藤沢キャンパス・芝共立キャンパス
新川崎タウンキャンパス・鶴岡タウンキャンパス・浦和共立キャンパス・慶應大阪リバーサイドキャンパス・慶應丸の内シティキャンパス
※教育 http://www.keio.ac.jp/ja/education/index.html
小学校から大学院までを擁する総合学塾である慶應義塾は、問題発見、仮説構築、検証、問題解決というプロセスを身につけ、
自分の頭で考えることのできる独立自尊の人材を育成します。
「半学半教」
学業の進んだ者が他の者を教え、同時にさらに上級の者に学ぶという仕組み。
学問に対する志を同じくする者が協同で塾を維持運営するという草創期の精神は今も受け継がれています。
※研究 http://www.keio.ac.jp/ja/research/index.html
慶應義塾は、伝統的な学術研究に加え、医療、産官学連携や知財活動などを通し、これからの社会を先導するため、さまざまな分野にわたり研究活動を推進しています。
「自我作古」
「我より古を作す(われよりいにしえをなす)」と訓み、前人未踏の新しい分野に挑戦し、たとえ困難や試練が待ち受けていても、
それに耐えて開拓に当たるという、勇気と使命感を表した言葉で、義塾の信条となっています。
※理念と歴史 http://www.keio.ac.jp/ja/about_keio/history/index.html
幕末の大阪、蘭学者の緒方洪庵の適塾に学んだ福澤諭吉は故郷である中津藩の命を受け、江戸に下り1858(安政5)年、蘭学塾を創始。
敢為な精神をもって欧米諸国を見聞した福澤は、帰国後、古いしきたりや慣習にとらわれない教育を実践し、慶應義塾が継承する伝統の礎を築いたのです。
2008年、慶應義塾は創立150年を迎えました。福澤の精神に立ちかえり、慶應義塾は新たな150年の歴史を創っていきます。