引越し定説



単身引越しの際にお客様が思い込んでいる常識・定説

定説・建物養生をしない業者は手抜き業者。

事実

建物養生
建物養生とは、共同住宅の場合は共同住宅のドア、廊下、エレベータ内を、
プラ板等で保護するものですが、必ずしも必要ではなく、どちらかというと
業者の都合によるものです。
①事故になれば免責の範囲内は自社負担となり保険の掛け金がアップするのを避けるため
②大抵の業者はバイトや派遣をアシスタントに使っているので、養生しなくても作業できる
ベテランの作業員のみで全ての現場を作業できないため
③標準引越し約款で取れる基礎運賃以外に、できるだけ水増しして引越し料金を取るため
だいたいこのような理由で、引越し会社はお客様に余分に料金を払らわせて作業しています。
つまり、お客様の荷物や建物を傷つけないという為より、自社の都合で養生をしたがるのです。
養生料金をとらないで、万一の事故リスクも増やして、安い引越し料金でお客様のために引越し作業
をするところはなかなかありませんが、共同住宅の管理者が養生を指示してこない時は
引越し業者がそれなりのベテラン作業員のみで作業をすれば、本当は荷物養生のみの作業で
対応でき、必ずしも建物養生は必要ありません。
プロだけで作業できないから建物養生をし、荷物養生もしっかりするということです。
【建物養生をしない業者は手抜き業者。】は間違いです。

≪ 戻る



引越し電話見積もり