引越し定説



単身引越しの際にお客様が思い込んでいる常識・定説

定説・日時変更はキャンセル料は払わなくても良い。

事実

限られたサービス提供機会の喪失
契約は提供者が持つ資産・サービスを限られた日時で依頼主に提供することで成立します。
したがって、役務(サービスの委託で、提供者の「トラックと作業員」を指定日時で
拘束しているのですから、その日時でできなくなって他の日時に変更する際には
その日時で得れたであろう利益を補填する責任が発生します。
したがって、標準引越し約款を採用した業者では、当日日時変更は20%、前日日時変更でも
10%のキャンセル料を支払って日時変更しなければなりません。
また、標準引越し約款を採用していなく、独自の引越し約款で運送免許を認可されている場合
に、独自の日時変更、キャンセル料の記載と説明を受け、依頼主が承諾している場合には
キャンセル料支払いの必要があります。
【日時変更はキャンセル料は払わなくても良い】は間違いです。

≪ 戻る



引越し電話見積もり