引越し定説



単身引越しの際にお客様が思い込んでいる常識・定説

定説・訪問見積もりは必ずしなくてはならない

事実

見積もり精度
運送会社はサービス料金を依頼主に電話・文書・メール等で知らせる義務があります。
したがって、電話だけで予約するのは不安なので訪問見積もりが絶対必要だと謳っている
サイトや業者も見かけます。
実際訪問見積もりは法律として規定されているわけではありません。
どちらかというと業者の都合によるものです。

●2t車以上のファミリー引越し業者・・・訪問見積もり必要
・トラックが大きいのでとめられるか
・荷物が多いので1台で積めるか
・大型家財が多いので階段で上げ下げ出来るか
以上が現地をどうしても見る必要がある理由です。

●軽トラックの単身引越し業者・・・訪問見積もり不用
・軽トラックなので大抵どこでもとめられる
・単身荷物なのでよほどの申告漏れがない限り1台で大丈夫
・大型家財がないので階段で大抵あげられる
以上が現地を見る必要がない理由です。
ファミリー引越しは『訪問見積もり』、単身引越しは『電話見積もり』で
まず大丈夫でしょう。
ただし、いっぱい引越し業者を呼ぶと契約が取れるまで帰らなかったり
するのである程度の料金を聞いておき、決定の際に2社くらいを『訪問見積もり』
するのが賢明だと思います。
【訪問見積もりは必ずしなくてはならない】は間違いです。

≪ 戻る



引越し電話見積もり